簡単すぎるローンに驚きました

この間、生まれてはじめてバイクをローン契約してきたのですが、その手続きの簡単さに、正直驚き笑ってしまいました。

私はこれまでバイクはおろか、買い物においてローンというものを使用した事はありませんでした。そして今後も、マイホームなどの高額な物を買わない限りは使う事はないと思っていました。

その理由は、利子が嫌なのも当然そうですが、何より所有欲を満たされないのが嫌だからです。ローン中は半分自分のものであり、もう半分は販売者のものです。それがどうも好きになれないのです。

ですが今回のバイク購入はローンでした。そうしたのは、ちょっとした気まぐれみたいなものでした(笑)。

現金一括で買えない金額ではなかったのですが、今月来月は家電やパソコンも買い替えしたかったので、ローンという選択が頭を過ぎったのです。そして「ローンって組むの面倒ですか?」と店員さんに尋ねたところ「すごく簡単ですよ~」というものですから、興味本位もあってやってみることにしたのです。

店員さんの言う通り、手続きは本当に簡単でした。書類に住所氏名、職業とおよその年収を書いてローン会社に提出。そして審査。これで審査が通れば終わりだというのです。収入証明書等は一切必要ありません。

ローン会社に提出して審査に通ると、電話が来ます。作成したローン契約書類と本人確認の為です。ここで経済状況をとやかく質問されて審査はキャンセルということもありません。

手続きにかかる時間は、30分程度。その場ですぐです。どうですか? 凄く簡単ですよね(笑)。本当に驚き笑ってしまいました。

「バイクのローンなんてこんなものなんですよ。ですから、若い人でもみんなローンで好きなバイクを手にしていきますよ」と、店員さんも笑っていっていました。

よくよく考えてみると、確かに私の周りにも明らかにバイクなど買う余裕が無い人たちでもバイクに乗っているという人がいました。「よく買えたなぁ」「よくローン組めたなぁ」とそのような人たちに思っていたものですが、買うこと自体は難しくは無かったからなのですね。

ただし、ローンが組みやすいのは結構ですが、払える確証も無いのに組む人もいるのがしばしばいるとか…… 組みやすいという事は、そういう事態も招いてはしまいますよね。

どちらにしろ、ローンを組む際は頭をしっかりつかって計算しなくちゃいけませんね。「組みやすい=買いやすい」と考えるのはいけません。

脱毛in梅田

スマートフォンの進化

アメリカのあるメーカーから、大容量バッテリーを搭載しながらコンパクトで高性能な新型スマートフォンの発表があったそうです。

バッテリー容量は、1日24時間は通常使用が可能とのことで、これまでの「半日も持たない!」「数時間で充電切れの心配が!」と悩まされてきたスマートフォンユーザーには喜んで受け入れられるものとなっているそうです。

また、大容量バッテリー搭載でありながら、現在存在するスマートフォンと同等サイズのコンパクトを実現しており、なおかつ性能も引けをとらないとのことです。

ビジネスからプライベートまで、何かと便利なスマートフォンではありますが、その唯一ともいえる弱点がバッテリーの弱さでした。使用時間があまりにも短すぎるということで、スマートフォンから元の携帯電話端末に戻してしまう人もいるくらいです。そこを大容量バッテリー搭載で弱点を補えるスマートフォンが登場するとあらば、スマートフォン需要が大きく高まる事は間違いないでしょう。

私も長らく、スマートフォンのバッテリーの弱さが気になってスマートフォンデビューができなかった類いの人間でしたので、このような進歩ニュースを聞くと、興味が沸いてしまいます。

人類の技術進歩は、ある考えによると倍々方式で伸びているとのことです。スマートフォンの進化にもその方式が当てはまるようで、登場以降、今後どんどん短いスパンで性能を高めていくのでしょうね。

ただ、そうなると買い時というのが難しいものです。今回発表の大容量バッテリー搭載のスマートフォンの1年後には、さらに高性能でさらに長時間使用可能というスマートフォンが生まれる可能性があるということですからね。

もしそうなるとしたら、今買うよりも1年待ったほうが得かも…… と、購入を躊躇ってしまうというものです。そんなことを言っていては、いつになっても買えないでしょうね(笑)。

ですが、やっぱり大容量バッテリーで丸1日のスマートフォン利用が可能になったからといって、私は購入にまでは至らないでしょうね。だってそうでしょう。今使用しているドコモのFOMAなんて、1回充電したら1週間も連続使用できてしまうのですから(笑)。

さすがにそこまでスマートフォンに求めるのは難しいでしょうが、でも最低でも2~3日は充電しなくて済むくらいのもちの良さにならない限りは、買わないかな?